RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった走る喜び,当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。歩くために努力します

http://crps-rewalkproject.com/

最近の様子〜痛み以外の多彩な症状〜

2021年2月9日

 

訪問リハビリ

 

PTさんいわく


両足首がびくっと動くことや、

指のピクつきは

もしかするとカルシウム不足も影響しているかもとのこと。

もう一つは、楽な体勢を取れていないこと。

 

 きっとどちらもあるでしょう…

 

 

今後の記録様式を変更する。

ルーティーンチャレンジが

大事になってくるから、

認知行動療法の欄を使って

その項目を設ける。

 


今月中に、目標年表を印刷してお渡しすることにした。

 

 

 

2021年2月10日


今日から新しい評価表に。

f:id:rewalkpro1212:20210212174447j:plain

こんな感じ

 

PTさんのアドバイス

私自身が書きやすく変えたのと、

ルーティーンが大事だということで変更。

 


認知行動療法は身についてきている。

 毎日記録していると、大きな変化は無くても

これは毎日あるな

とか

いつもこのくらいの痛みの強さだな

ということが見えてくる。

 

感じたことや、考えたことも大事な欄で、

良かったことを書ける欄も欠かせない。

 

 

朝〜午前中

右下肢の灼熱痛が強く、足をアイスノンでサンドした。

 

 最近では、夕方〜夜以外にも不意に朝方に強くなる。

 

 

 

2021年2月11日


左下肢が、急にビクッと跳ねる

痙攣する。

→痺れが増す→不快。

 

動いてほしい時に動いてほしい。

 

 

訪問リハビリにて

 

上半身

特に胸郭や腕など

 


緊張が強かったから

ほぐしてくれた。

 


しかし、普段力を抜くことに慣れていないせいか

緩むような働きかけに対して

不調になるみたい。

 


今回、久しぶりのことだったから

忘れていたけど

リラックスしようと思わなくてもいいのかもしれない。PTさんに身をまかせる。

 


日々の強い倦怠感や疲れもあり、

上半身のリラクゼーションにはどうも

マイナスを示す

 


右手のピクつきあり(不随意)

意識飛ぶこともあった

 


右下肢は、自力で持ち上げようとすると

ガクガク痙攣。

 

 筋力が減少しているか、連続した動き方ができていないのか。

 

 

CRPSって、持続的な運動(動き)ができない場合がある。

単発的にはビクっと動かせる。

 

キープが困難

 

 

ここ数日で、周りの人や出会う人に恵まれていること

を実感することができた。

 

母に言うと、

oli が人に恵まれるっていうのは

Oli自身が向き合う姿勢が相手に伝わるからじゃないかな

相手も、もうちょっと頑張ってみようか

という気持ちになって

手を差し伸べてくれるんだと思うと。

 

それが私にとって「有り難い」こと

になっている。

 

 

 

いつも感謝の気持ちを忘れずに