RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。

http://crps-rewalkproject.com/

訪問美容師さんの存在を知っていますか?

 

2021年4月19日

 

 

 

訪問美容師さんが来てくれました。

 

本当は4月3日に

予約していた訪問美容室利用。

その日は体調が悪く、キャンセルをして

いました。

 

昨年の11月下旬にカットしていただいてから数ヶ月たちました。


今回は髪を約10cm切りました。

肩下ぐらいの長さになって、

扱いやすくなったように感じます。

 

闘病する前はずっとショートヘアで

月に一度は美容室に通っていました。

ですが今は、

ロングヘアを楽しみたいと思います。

 

ショートにするのは、切っていただきたい美容師さんがいるので

両下肢の障害を克服してから訪れたいと思っています。

 

 

体勢が辛いこともあり、

前髪のカットはベッドに横になった状態で行ってもらいました。

それでも、前髪はきれいにカットしてくれて

バシッと決まり気持ちも晴れました。

 

前髪とサイドのつなぎがとてもお上手で、現在の前髪はとても気に入っています☺️

 

 

 

手や、肩をマッサージしてくれる心遣いも

毎回本当に感謝しています。

 


とても気持ちがよかった感覚を

覚えています

 

 

実は、美容師さんが「染めたいな〜」と言ってくださるのがすごく嬉しくて。

私も茶髪の方が似合うと分かっているので、

もっと元気になったらお願いしたいです。

 

 

訪問美容で、髪を染めれるなんて夢のようではありませんか

 

 

★私がお願いしている
 訪問美容師さんの詳細については

 Instagramにてご紹介させていただきます!

 

f:id:rewalkpro1212:20210422210544j:plain

 

 

体調が良くなってきて、人と

お話できるようになってきました。

体力がついたのだと思います。

 

数ヶ月前なら、

会話は疲れるしすぐに喉が枯れてハスキーになっていて、

まともに話したくても会話を楽しめませんでした。

 

 

体調の回復を実感できることは

とても大切で、

しあわせなことだと思います。

 

これからも、変化に気づけるように

記録や振り返りをしたいと思います。

 

良いことに目を向けることはとてもいい連鎖を生みます

 

 

病気になって、障がい者にならなければ

障害者支援や福祉のことも医療制度...etc

 

何も分からなかった…

 

 

病気を経験してたくさん悩んだことで、

知らなかった世界に目を向けることができています

 


まだまだ、障がい者支援は足りないし

まだまだ、福祉制度は改善する必要があると感じます。バリアが多すぎるんです。

 

 

やりたいことをやれる方法があるだけでも気持ちが晴れるのに。

 

 

 

 私にできることは何だろうか

 

 とよく考えています。

 

幸いなことに国立の四年制大学を卒業し、

中・高の教員免許を持っているので

飛び込める世界や可能性は十分にあります。

 


今は医療事務の資格の取得を目指して勉強をしているけれど、のちには

ソーシャルワーカーの資格を取得して、
病院等で働くことも視野に入れています。

 


患者さんが困るのは、病気をして社会復帰していくことへの困難や

自宅生活の不安が大きいです。

 


医療や福祉のことをトータル的に理解し、サポートできるスタッフ

そんな存在になりたいと今は考えています。

 


作業療法士になりたいという目標も

考えていないわけではなく、

 

どんな形でなら

私も人のチカラになれるかを今は夢いっぱい、考えています。

 

可能性を狭めてしまうのはもったいないからです。

 

 

 

今日は、

私がNUKUstoreのことを話し始めたら、

訪問美容師さんの想いを初めて知りました。

 

 

 

2人の美容師さんが毎回

素敵なコンビネーションで施術してくれます。

 

 

美容師の資格を持ちながら介護士の資格を取得したお2人。介護もプロです。

普段は施設で働き、訪問美容の予約が入ると、

自宅に訪問する美容師さんとして働いている

とても多忙で

オールマイティーな方たちです。

 

私は地元の活躍している方を紹介する広報のような記事で、

この訪問美容師さんの存在を知り、

2020年からお世話になっています。

 

需要は高まっていると伺いました。

 

 

髪を切りたくても

外出できない状況の人や、車椅子の人は

美容室に行くことが大変困難です。

 

好みの美容室に行きたくても、スロープが無いだけで、

それだけで大きな壁があります。選択肢がありません。

 

では抱えられてでも行くかと言われると、

身体の状態的に苦痛を我慢する時間になってしまうので

全く現実的ではありません。

 

 

病院に併設されているのは理容室が多くて、

一度前髪だけカットしてもらったことがありますが、

カットが終わって見た前髪は理想とはかけ離れていて...

私の場合は

気持ち的に美容師さんにしか任せられません。

結果、自分でカットできるのは前髪くらいです。

 

 

妊婦さんも、お腹に赤ちゃんがいることによって身体の負担が大きく、

外出するのも大変な時期があると聞きます。

 

また、地域によって異なるかも知れませんが

コロナの流行にともなって、外出の予定を立てるのが難しい時代。

 

 

私がお世話になっているお2人のご活躍は、

需要が高まったことで、

2021年からは、訪問美容師の専任という形で

活動することができるようになったそうです。

 

介護士としての業務ももちろんあるそうですが、専任になったことで

訪問美容師としてさらに多くの方々を支えてくれているのだなと思います。

優しい気持ちのお2人。向上心もとても高くて尊敬しています。

 

お2人に会うと温かい気持ちになります。

 

 

身体が不自由な方や、お年寄りのお相手をする職業をご経験されているから

何が大変か、どのようにしたら身体が楽なのか、きっと分かるのでしょう。

 

細かいところまで心遣いをして下さるのを毎回有り難く思います。

 

 

別件ですが

キャンピングカーで「移動美容室」をされていて日本を周る方もいます。

私はYouTubeを通して知りましたが、 

素敵な方たちを見て気持ちが元気になります。

 

その方の活動も広く知られてほしいので、リンクを貼らせていただきます。

心から応援しています。

 

 


www.youtube.com


www.youtube.com

 

 

https://kaminokami.com/

 

komiagero.com

 

 

まだまだ知られていない活動(お仕事)かと思いますが、

これから広まっていくことを願っています。

 

 

髪を染めたい、切りたい、パーマをかけたい、ストレートにしたい、シャンプーをしてほしい、ケアをしたい、ヘアセットをお願いしたい

 

などの気持ちを、

 

美容師さんは外見を美しくするだけでなく、清潔を保つために努めてくれていますよね

 

 

コロナが流行したことで、

信販売、宅配、デリバリーの需要は高まっていると思います。

 

特に大きな都市圏では

外出できなくて困ることは増えたと思います。

外出しづらくてストレスが溜まることも同様です。

 

 

美容師さんに限らず、

 

在宅支援してくださる方々に

感謝の気持ちを持ちながら生活したいと思います。

 

 

InstagramではNUKUstoreにて

訪問美容師さんのことを

もう少し詳しく書かせていただきたいと思います。

 

 

 

いつもありがとうございます

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by NUKU (@nuku_d.store)