RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。

http://crps-rewalkproject.com/

地道なことを続ける

日記

 

2021年5月3日

 


37.4度がだいたい通常の体温になっている。


汗が出るくらい暑いと、

体温の熱さを感じる。

 

逆に
寒気があるときは熱が上がる。

 

 

体温調節機能を高めたい。

 

 


今日聞いた名言

 


生きたくても生きれない人、

やりたくてもできない人

がいるのだから

私はこれを頑張ろう。

 

 

これを頑張るんだ。

というものがあることが、

QOLを高めることに繋がるのが分かる。

 

 

 

 

2021年5月4日

 


右下肢大腿部の激痛、つりそうな痛みが強い。

 


筋肉の状態がよろしくない。

 

 

リハビリ後は必ず

右下肢の灼熱痛が増強している。

 

 

今日は訪問リハビリの日。

 

体調が優れなかったこともあり

軽めのリハビリ。

 


PTさんに、脊柱メンテナンスをしてもらった。

 

胸郭や腹筋の繋がりを教えてくれて、自己トレメニューに「呼吸法」を追加。

 

 

呼吸で、腹筋を通常に戻していく。

 


側臥位になると、下になるほうの下肢が

すぐに痺れてしまう。

 

 

課題はまだまだたくさんある。

 これからのほうが多いかもしれない。

 

だけど、半年前の自分と比べたら別人なのは間違いない。

 

精神的疾患と思われたCRPS以外の身体症状が、器質的に問題があって病名がついたこと、

それにより適切な治療が受けられるようになった。

大学病院に良きタイミングで移れてよかった。

そして、自分だけでなく周囲の身体の状態の理解は、

心を強くしてくれた。

 

やるべきことが明確になったのが本当によかった。

 

 

良い変化としては、
身体を動かすことが増えたこと。


PTさんから、

「自分で動いてくれているから、

身体も以前より動かしやすいです」と

言ってもらってとても嬉しかった。

 


知ってくれていること、

それがありがたい。

 

 

動きが良くなってきていることも当然嬉しいけど、

それ以上に地味、地道な努力を知っていてくれていることが嬉しかった。

 

 

努力は自分だけが分かっているもの。

他人にひけらかすことはではない。

努力と言うことはほとんどないけれど、

「続けていること」が積み重なって

回復に繋がるといいな、とそれだけ思う。

 

一緒にプロジェクトを進めている皆さんとは

身体の状況を共有することができて、

それはそれで大切なこと。

 

ゆっくりだけど

前進していると思う。

 

 

「あなたの努力、頑張りです」

と言ってくれる人たち。

 

私は逆に、

「あなたのおかげ」と伝えたい。

 

 

感謝しています。

 

 ありがとう。

f:id:rewalkpro1212:20210507225617j:plain

 

run tomorrow

明日を動かせ