RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった走る喜び,当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。歩くために努力します

http://crps-rewalkproject.com/

大事な感覚

2021年6月20日

 

 

相変わらずの不眠。

でも、休みの日だから落ちる時に落ちてもいい。

 

 

身体はゆったりしていた。

少し楽に過ごせた。

 


こんな日は少ないからとことんゆっくり休む。

 

 

昨日は友人の結婚式で

リモート参加させてもらえて幸せだった。


コロナの影響で

リモート参加を考えてくれて実現させてくれたのだけど


私にとっては、リモートで式を見て

会場にいるかのような時間を過ごせるのは

すごく幸せで。

 

何度も言うけれど、


今は身体が不自由だけどそんな自分でも

呼んでくれる友だちには感謝と愛しかない。

 


来れないんじゃないかと

気を遣って誘ってもらえないより

何百倍も嬉しい。

 

【備忘録】

両足首から下が、

不随意的に反射が起こる

 

 

 

2021年6月22日


訪問リハビリにて

 

左下肢の可動域訓練

状態の調子は悪くない。


背中モビライゼーション実施

 

背中と鼠径部は繋がっている。背中をほぐしてもらうと鼠径部が多少は楽になる気がする。

 

 

2021年6月23日

 

 

朝から寒気がすごくて

布団をかぶった。

 

 

寒すぎてダメで

施設でのシャワーを休んだ。

 

 

夕方〜は身体が暑くて今度は冷やす対応。

 

忙しい。

 

 

一昨日くらいは

穏やかに過ごすことができた。

そういう日は身体がふわっと軽い感じがして

楽だと思えている。

大事な感覚

 

 

2021年6月24日

 

訪問リハビリ

 


担当してくれている女性PTさんにおめでたい知らせがあり、今後は男性PTさんと女性OTさんが訪問してくれることが多くなるとのことだった。

 


寂しいけれど、おめでたいことなので祝福したい。

 

 

★左下肢の可動域訓練にて

いつもの大腿前面のつりそうなハリ感はなくて、膝の曲げのばしで生じる下腿〜足部が抜ける感覚は少なかった。

 


背部のマッサージを中心に行ってもらった。

 


背部をほぐすと鼠蹊部にも連動して、

動かした時の違和感が減る。

 

毎回思う。

足にアプローチできない日は他から攻める。臨機応変にありがとうPTさん。 

 

 

 

【感覚の異常についての考え】

 自分で左と右の大腿部を触った感覚が違うのは、

左の方が筋肉量が減っていて

薄っぺらくなっているのも原因かもしれない。

 


左下肢の方が痺れというか

もそもそしていて

骨を撫でているような感覚がある

 


筋肉、骨、皮膚など全てが

萎縮しているから生じているのかもしれない

 

 

【備忘録】
最近、時々

底屈する方向に

両足指、足首がビクッと跳ねることが増えた

 

不随意運動なので、これから先は

 

随意的に、意図したように動いたらいいな

 

f:id:rewalkpro1212:20210705202942j:plain

最近飲んでいるチルアウト

エナジードリンクとは真逆です

 

休息が必要な方に。

 

ライトな飲み口でさっぱりしていて

甘ったるさがないのが嬉しい

 

 効果は不明ですが

飲みやすいので箱買いしています

 

デザインのインスピレーションもいただきました。

 

run tomorrow

明日を動かせ