RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。

http://crps-rewalkproject.com/

2021年8月のまとめ

f:id:rewalkpro1212:20210908223455p:plain



8月は6〜7月と比べると

わりと眠れるようになっているし

生活も悪すぎない感じで過ごせていた。

 


生活リズムは、

眠れるときに眠っていたので

崩れることも当然あった。

 

でも眠れる時間があることが今は大事だと

思って、それほど気にしてない。

 


発熱、寒気、風邪症状などは繰り返し継続している。タイミングは定まっていない。

 

 

下肢については

 

急な外側大腿皮神経痛は堪えたけれど

足のアロディニアについては良い変化もあり

 


どっこいどっこいかな。という感じ

 

 

 

一歩は『着実に進めた』と思えた8月。

 

 

 

毎日が忙しくて

認知行動療法のためのノートを再開してみたら

ノートにはその日のTASKが多くあって、なんだか仕事をしているみたいで

多くの人と繋がっていることを実感することができた。

 

NUKUとしてコラボを楽しみにしてくださる方たちがいて下さる。

だれかの役に立てるしあわせを感じている。

 


今思うと

あっという間に9月が来てしまったという感覚。

 

 

 

焦りが無いとは言えないけれど

焦っても良いことはないので

今の自分がやれることを。

今の自分でも学べることをやっていくのが

回復してきて、いざ社会と繋がるときに

役に立つと考えられるようになった。

 

 


CRPSで頭を抱えない。ひとりではなく頼れる人たちを頼る。

 

今こうして生きていて

出来ることをやる。

 

それが未来につながると思っている。

 

 

 

少しずつ少しずつ活動量を増やしていき

一人でもじゃんじゃん動いて生活できるようになりたいなと強く思う。

 

 

 

9月中にはバリアフリーの改修工事が終了してくれると思うので

徐々に自然に私の活動量は増えていく。

 


生活のリハビリができる

環境にも感謝しなければならない。

 

 

 

QOLの向上を目指して。。。

 

 

 

 

2021年9月1日

 

夜中〜眠れていないので午前は流石に睡眠

午後からたくさんのタスクを一気に行って整理。

 

 

障害者施設での入浴&シャワー利用について

 

今後は、行けるという週の前日夕方に連絡するという流れに変えてもらった。

 

これで、
キャンセルするという心の負担は軽減される。

 

 

体調が悪い日とは異なり、

行きたくない・行く必要性を感じない

という日があるのが最近。

 

 

行ったら行ったで、

人との関わりが好きな私にとって心地良いのだけれど、、、

 

自宅でシャワーを浴びて綺麗になってから

行くわ!

 

なんて勝手に先を見通していたり

 

あんな大人数に見られながら

見せ物かのようにシャワーを浴びるのは

嫌だわ!

 

なんて、気が進まなかったり。

 

 

入院が長かったし、裸を見られることには慣れているのだけれど

さすがにあんなに人数は要らない。

 

シャワーしている私を

ただ見ているだけの人が多すぎる(笑)

 

遠くから何人も見ていて…

なんなら介助は2人で間に合っているのだけれど

『oliの介助法を全員が共有できるため』とはいえ

ギャラリーの多さには心の中で思うことがある。

 

(心の中を開示しました)

 

 

関わらないと分からないし

どのようなことに注意して介助するかは、

忘れてしまうからあまり意味がないような…

 

(都度都度、方法は変わります。会話で伝えながらやっています。

人によっても違うので、大勢のギャラリーは不要です)

 

 

このように、

 

される側の経験上いろいろ感じる事があって…

あまり良い気はしない。

 

なんていう思いを本来は心の中で消化している

 

 

心の声を出した記録。

 

 

受け入れてくれる施設の人には

中々分かりづらい事かもしれないけれど、察することはできるかもしれない。

 

 

利用する側の気持ちが分かるというのも、

「支援する」という意味では

分かるか分からないか で違うような気がする

 

 

こういうちょっとしたことを

活かして生きていきたい。

 

 

そして早く、座ってシャワーできるようになることを目標にして自宅で鍛えていきたい。

 

 

支援のカタチは、

自ら変える。

 

こうしてほしい、を伝えられるように。

できる事が増えた自分を受け入れてもらえるように。

 

 

自分が変わろう!

 

 

______________________

 

9月〜10月

1日の行動量に変化が現れます。

 

自宅のバリアフリー化に感謝します。

 

 

今後どのようにoliが回復していくか、

 

そっと見守っていていただけたら幸いです

 

 

8月もありがとうございました

 

 

run  tomorrow

明日を動かせ