RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。

http://crps-rewalkproject.com/

2021年7月のまとめ

日記

 

f:id:rewalkpro1212:20210805031921p:plain

2021年7月29日

 


朝1時30分〜

3時30分ころまで眠れた。

 


目が覚めてしまうけど、

眠剤を再開してからは目覚めがスッキリしているように思う。

 

 

 

7月は、

リハビリ回数を増やそうとして

試みたものの

キャパオーバーとなり

 


全く調子が上がらなかった。

 


自分の中でなんとなく焦りや不安が

大きくなって

 


未来を見通したときに

『有りたい自分』じゃない気がして。ほど遠い気がして。

 

 

 

気持ちが焦っても

身体は大きく変わらない。これを1番本人が理解しているはずなのに

 

 


焦るのは良くないのは分かっていても

気持ちを保ったり、コントロールしたりするのは非常に難しいと感じた

 

 

 

訪問リハビリについて

母から、週一のペースに変更してみたら?

今のoliだと忙しすぎると思う。

 


普段できているチャレンジもあるし

 


ペースをダウンしてもいいのかもしれない。

 

 

2021年7月30日

 

 

 

昨日は喉や鼻の感じが風邪と同様。

夜中腹痛でダウン。

 

 

7月は風邪をひいているような症状が続いて

体温調整もままならず

苦しい日々だった。睡眠不足も影響が大きかった。

 

22日から眠剤を追加してみたら短期間でもまとまって眠れるようになった。

朝まで眠気が残ることも、日を追うごとに軽減していった。

 

 

 

通院、訪問リハビリ、施設へ行くこと、ヘルパー

全てを断った7月。

 


こんなの最初で最後にしたい。

 

 

 

そんな過酷な中でも、

人との繋がりや資格の勉強に区切りをつけたこと等、よいこともたくさんあった。

 


眠れない→

無理して眠ろうとする のではなく

やれること・できることをやる。

 

セルフリハビリも、だいぶ右下肢を触ったり動かしたりできるようになってきている。

 

足に関しては、悪くない。過負荷にならない状況に

救われたのかもしれない。

 

 

 

 今は

iPhoneiPadのダブル利用で

できることを続けていて。

 

 

今日は、資格講座の修了証書が届いた。

あとは試験を受けるだけという状況になった。まずは喜ぼう

 

 

 

 
8月は果たしてどんな体調か分からないけれど、

気持ちの面では月を更新するということは区切りの時。

 


仕切り直して

通院、訪問ケア(リハビリやら看護やら)を再開したい。

 

 

 

久々にお会いするPTさんに、

足の回復を見てほしい。

 


うつ伏せが数カ月前よりもサマになってきたよと伝えたい。報告して一緒に喜びたい。

 

 

 

テレビを実は2ヶ月くらい見ていなかったけれど、

オリンピックを機に自分の部屋でも見られるようにしてもらった。

 


生で観れていたかと思うと鳥肌が立つ。

 

 

 

陸上競技、面白い。

800m って陸上競技の中で最も過酷と言われているけど、

全力でトラック2周もするのって本当に凄いなと思う。応援する側からしても

長距離走特有の面白さ、凄さがある。

 

 どのスポーツ・競技も選手の皆さんの頑張りが素晴らしい。

 ありがとうを伝えたい。

 

2021年7月31日

 


前日ピコ内服。


夜は2時頃〜3時半まで眠れたみたい。

 


眠れたのか眠れなかったのか分からない感じだけど

目覚めは良くて元気だった。

 


ということで最近は毎日

早朝から活動

 

 

 

春以降、右半身の発作が無くなった。

リボトリールを頓服で飲むことも徐々に減って、今は月に0回内服の状況。

 


すごい。発作が無くなったということは何かが変わったということ。

その「何か」は自分では理解しているけれどここではあえて書かない。

 

 

 
午前中は体を起こして作業

 


1番の課題は「休憩をとること」と母から指摘あり。その通り。汗

 


休憩をとってまた頑張る その繰り返しができればいい。

 

そこが難しい(笑)

 

 

 これは

両下肢のCRPSうんぬんではなくて、

副腎皮質機能低下症の方と関係あり。

 

 

 

________________________

 

 

7月の私は、

 


「苦しい中でも光を見つけた」

 

「苦しい中でも光を見ていた」

 

 

 

 

 


リハビリを増やそうとして

 
空回った部分も少なからずあると思う。

 

 

 

キャパを知らないから(理解しきれていないから)

 

意気込みだけあっても

身体は追いつかなかった。

 

 

 

辛いのだけれど現状を受け止めて整理して、8月は7月を上回ればいい

 

できることをやっていこう。

 

 

 

run tomorrow 

明日を動かせ