RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった走る喜び,当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。歩くために努力します

http://crps-rewalkproject.com/

素直に。CRPSに関わる。

f:id:rewalkpro1212:20201218223731j:image

 

2020年12月17日木曜日

 


夜中2時

右下肢に電気が流れているかのように痛い。

あれはきつかった。。。

 

 

 

痛いんだけど、〇〇するときはしあわせ


というような考え方をする

 

 

 

痛いのは間違いないのだけれど。

 

 

 

でも、しあわせホルモンを脳からたくさん分泌させないといけない。

 

 

 

 

13時30分
訪問リハビリ


〈メニュー〉

今後の足のリハビリについて

左足に電気刺激治療

右の状況確認

背中と肋骨の状態確認

 


退院してからの2週間は、まずは

ベッドの背もたれを起こす時間を増やすことに取り組んでいる。それを

いいですね!と言ってくれて

嬉しくなる。

小さな目標だけど見方を変えると

大きな目標。

始まりの一歩を再スタートすることができたのだから。そしてそれを今のところ継続しているのだから。

 

 


PTさん

●脚のリハビリとして、触るということもしていきたい

●左足は電気刺激

●車椅子に乗ることもリハの時間でやるのはどうだろうか

●足底の感覚を認知する

 

 

 

右足が尖足位で硬直していて、固まりそうな感じあり。ポータブルトイレ移乗した後には

足を着いていられるから

まだセーフ。固まってはいない。

 


●脳と運動器のリハビリを並行したい

 


『感覚(鈍麻)や、刺激に対する感じ方を

正していく』

正すには時間がかかるから、

少しずつやっていくことが必要。

 


PTさんが左足の指先を触れながら

「今どこを触っているか分かりますか?」

と言われて

「人差し指」と答えると

「残念!親指でしたー!」、、、

 


このパターンが2回あった。

 


逆に、小指側は刺激が分かりやすくて

即答することができる。

 


クイズ形式でやるのもいいかもしれない。

脳が機能していないまたは機能が著しく低下していると

痛みを感じやすくなったり誤作動を起こしたりする。

 

 


★触れるということに何も痛みはない

★布団をかけるということに痛みは普通ない


など、★の普通のことを新たに習得していく。

 

 

 

異常感覚を正常感覚に。

 

 

 

訪問リハ終わった後、左足は熱くなり

ヒリヒリした。痺れが増強された。


でもやっぱり、「取り組めていること」が今の私からすると最高に幸せで嬉しいことだなと思う。痛みより喜びが勝つ。

 

 

 


言うのは簡単だけど

脳の機能を取り戻すには時間がかかる。

麻痺だって、何かのきっかけで動くようになるのを願いながら諦めず

動かしていくしかない。

 

 

 

19時

右足の親指がもげそうな痛みあり。

いででで、と思わず声が出る。

 

 

 


希望を捨てろと言った医師はいなかった。今は、「RE:Walk プロジェクトに参加させてください」と言ってくれた医師に1年後

戻ってきた。

これも奇跡なのかもしれない。

 

 

先生は、あなたには希望がある、と言うし、

回復を一緒に喜びを感じる場がある。

 


今は車椅子の自分を受け入れて、

動ける喜びを感じていく。

その先にはまだまだ未知な未来が待っていて、変えられるのは自分である。

 

 

周りの人を大切にしながら頼り、

できることを頑張っていく!

 

 

 

文章にまとまりがありません、、、

 

 

 

 

読んでくださってありがとうございました。

 

 

おやすみなさい。また明日

 

 

f:id:rewalkpro1212:20201218223719j:image

 

#明日はくる

#勝ったも負けたも決まってない