RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。

http://crps-rewalkproject.com/

集学的痛みセンター入院4日目

2020年12月3日

 

 

この日になって、心境の変化があった。

 


今までの自分を振り返るとともに、

これからのやるべきこと、進むべきところ、

目標の再確認、再認知など。

 


『痛みの治療や左下肢のこと』以前の問題がたくさんある現状だということに課題はある。

 


だから「車イスを自走して何かと動けるようになる」っていうのは決して小さい目標ではなくて、大きな目標だ

ということ。

今日先生も夕方に話に来てくれた。

 

 

 

腕の発作も、オーバーユースになった時に起こるのだと思うから、兆候が分かっているなら

何か頑張りすぎだと気づくこと。オーバーユースを認知すること。

 


そして、発作を減らすことを目標にするのも推奨された。

 

 

 

 


これまでの多科受診についても、

みんなバラバラで診るから患者は困る。それを今の先生は理解していて、

患者を集学的にチームで診て問題点を整理してどうしていけば良いか考える医療のシステムが必要。と言っていた。

一人一人の患者にとってオーダーメイドな治療法を考えるチーム医療が、

全国で広まりますように。

 


バラバラなせいで

なにで困っているのかを見失っていた。

(この気づきだって、最近のこと)

 

 

この病院に来たら客観的に自分を

見つめ直し、

ゴールを決めてそのためにどうすればいいか

少し理解できた。

先生方のお陰である。

 

 

 

大変だったけど

多職種みんなが考えてくれていることに感謝している。大きな収穫は無くても当然。

5日間でできることは限られているんだから。

 


眠りが浅かったから疲労感はあったけど、

今日は身体に違和感を感じなくて

ゆったりしていた。午後も身体は落ち着いていた。ここにきて初めてのこと(笑)

 

 

 

担当の看護師さんに『手と腕を洗わせてほしいです』とお願いした。

 


そしたら

10分くらい洗面所で

気の済むまで垢を落とさせてもらった。

 

 


手を洗えるってしあわせなんだ

って

 

 

 

初めて思った。

 


ウェットティッシュだけじゃなくて、

シャワーや洗面所で洗いたい。

 


色白を取り戻したい

 

 

 

しあわせだって思えるのはいいことで、

やったから(挑戦したから)こそ

得られた感情だと思う。

 

 

 

そういう小さなしあわせや、喜び、笑顔、増やしていく。感じていく。

 


あれもできない、これもできないじゃなくて

喜びを重ねていく。

 

 

 

そして、

ベッドから車イスへの移乗が一人でできるということを看護師さんたちが分かってくれて

介助の方法で不安な気持ちを抱かなくて済むようになった。良かったなぁ

 

 


【今日のまとめ】

 

『確実に変わっているよ。』

『時間はかかっても、また歩けるようになるよ。』

『車イスでスポーツできるようになったら最強だよ。最高だよ!やるべきことは知ったから大丈夫だよ』

 


っていう気持ちが強く自分を支えてくれる。

 

 

 


P.S

いつか、必ず

#CRPS の治療法やどう考えて、何をどうすればいいか

体験をもとに執筆したいです

形はどうであれ、

困っている人たちの力になります。

 

f:id:rewalkpro1212:20201203203629j:image

 

 


#明日はくる

#勝ちも負けも決まってない

#目標を持った者の強さ

#夢を追う者の強さ

 

 

 

 


おやすみなさい。

 

 


ありがとうございました。