RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。

http://crps-rewalkproject.com/

実りと課題 左足の随意運動が可能に!?

2020年5月18日


昨夜は痒みで寝られず。

眠っても、すぐ痒みのせいで起きてしまう。


朝食後、ベッド上で横になっていると不随意運動の兆候があり、ホリゾンを内服して眠った。

 


昼にムックリ起きて、トイレ移乗。

座位でもも上げをすると、右足は痛いなりに動くのだけど左足は意図して持ち上がらなかった。

しかし、左足の大腿四頭筋がほんの少し、本当に微々たるものだけど上に動いた。意図して動いた。意図してもも上げできた...

 

 

こうなってから初めて、自分の足を、動かせた。

 

脳からの指示がちゃんと通った。

神経が繋がったような感じ。

 

身体が動き方を思い出してきたのだろうか。

 

 

 

訪問リハビリ

14時〜14時45分


車イスへの移乗動作確認

移り方うまいと褒めてもらった。たくさん練習してきたもの^ ^ 嬉しかった。

 

車イスに乗る姿勢も、退院後の状態より良いとの事。

左足が随意的に動き始めたことを伝えたら喜んでくれた。


端座位も、以前は体幹がグラグラして難しかったけど今はある程度保っていられる。

 

鏡リハビリも最高のリハビリになると思える。自分の姿勢を確認し、修正していく。1日一つの発見でも今はかけがえのない財産

 

リハ内容

◎骨盤、鼠径部確認

◎左右の可動域訓練(右足はアイスノンで)

◎右足を上に持ち上げる練習。

 


【課題】

・動かすと大腿部が張って釣りそうな痛み有り。

・足を伸ばす時、膝がつっかえる感じで

スムーズに伸ばせない。


・リハ後左足部の痺れが増強。足趾が著明。

 

 

ベッド上でも奇跡がおきた。左足の位置を変えたくて一度やってみたら、少しだけど随意的に動いてびっくりした。

 

脳からの指令がちゃんとなってきた。

 

動かしたくても動かない

ではなく

動かしたくて動いた!はまぁ普通なことなのだけど、

動かなくてもあきらめず移乗動作や

可動域訓練をやってきてよかった!!!

 

 

頑張っている可動域訓練、痛くても慣れてきたこと、そして毎日の動作練習が回復に繋がる。

 


そう思うことができた一日。

 

 

 

ありがとう。