RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。

http://crps-rewalkproject.com/

退院。私は泣かずに笑っていた

 

お昼、退院処方の大量の薬をお土産でもらって、医療用麻薬のテープを貼ってもらってから

 

無事に退院しました。

 

外は晴れ。

春の風が優しく吹いていました。

 

 

 

主治医の先生は日曜日だというのに

最後会いに来てくれて、

ありがたみを感じました。

 

裏では

訪問看護指示書や、労災の書類、たくさん動いてくれているのにその話を患者にしないのは

 

先生らしい。医者は治す役目の人。医療現場ではそれぞれ役割があって、チームで動いてる。

学ばせてもらいました。

 

先生の性格も人柄も知れてよかったと思います。『治したい。良くなってほしい』とそれだけを考えている先生。

 

だから安心して本人は『治すために、良くなるために必要なこと』を継続して頑張っていけばいい。

 

先生はそういう人でした。

 

お互いぶつかり合ったあの日は、

前に進むために必要だったと思います。

 

 

 

退院できる環境を整えてくれた皆さんに感謝の日です。おかげさまで不安なく安全に帰宅できました。心からありがとう。

 

 

 

病院の外、車イス用レンタカー、自宅のスロープ、自宅の夕食、自分の部屋、電動ベッド。

 

病院から車イスに3時間近く乗っていました。

 

 

今日一日疲労困憊。身体に現れました。

 

 

何もかも新鮮で、これからの生活は不安もあるけれど前を向いて、ゆっくりやっていけたらいいなと思います。

 

 

パッと歩けてしまうのではないかという不思議な感覚があったこと、

 

それが今日一番の収穫です。

 

 

おやすみなさい。

 

ありがとう。


f:id:rewalkpro1212:20200419210628j:image

f:id:rewalkpro1212:20200419210617j:image

f:id:rewalkpro1212:20200419210623j:image