RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった走る喜び,当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。歩くために努力します

http://crps-rewalkproject.com/

おかゆから普通のごはんに変えたことでの喜び

2020年3月30日

 


10時45分〜

CPM 50〜85度

15分

 


熱7度8分

 


身体が熱い。


このままではリハビリ中止になる。それだけは避けたい。

 

すぐにアイスノンを要請。両脇に挟んで気持ちがいい。最近微熱が過ぎるのが気になるところ。看護師が身体に触れても熱いねと言われる。

体も闘っているのだろう。

 


お昼、昼食とともに

選択メニューの用紙がついてきた。

 


やったー!


二択あるのだけど

お肉や、好きなものを選んだ。

 

おかゆの人は選択の余地なし!

だったけど


普通のごはんに変えたら


こんな嬉しいチャンスがあるとは。

 


おかゆから普通のごはんに変えたことで

喜びが生まれました。

 


しあわせだった。

 

 

 

14時過ぎ

リクライニング車イスに移乗させてもらって病棟一周。

自分でこいだ。

 


向かいのおばあちゃん、

わたしが車イスに乗ってどこかへ行くたびにベッド上で起き上がってくれて、

 


頑張ってるね

 


と笑顔で言ってくれる。

 


リハビリから帰ってきたら、

 


くたーっとして疲れてるな

 


って顔見ただけで分かってくれて

 


労ってくれる優しい人。

 


原監督が、あのおばあちゃんが来てからSが明るくなったと言っていた。

 


16時〜リハビリ

合同リハビリ。

トイレ動作の練習をした。

左にはシューホンをつけておく。

 


ポータブルトイレの乗り移りや、実際の病棟トイレの練習。

力がついてきたけれど

意識は飛んだ。

 


みんなが乗り移りを拍手してくれた。

 

 

19時

主治医の先生 回診

 


明日病状説明しますね、と先生。

1ヶ月ぶりですね!と私。

そうね、と笑みがこぼれた先生。

 


先生、見てくださいと、ヘッドアップを見せた。

頑張りが少しずつ出てきてるかもと

言った。


いいじゃん。またゆっくり休んで明日もリハビリ頑張っていきましょうと。

 


そんなに重く考えなくていいのかもと思った。