RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった走る喜び,当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。歩くために努力します

http://crps-rewalkproject.com/

検査の疲労。でもやり終えた顔してる^_^

 

2020年2月27日


9時半ころ

トイレに連れて行ってもらった。

 


みれいちゃん、桃子さん

覚えている看護師2人ともよく来てくれた。

辛くともそれだけで安心した。

 

 

 

CPM(膝曲げ伸ばしの機械)

50〜60度8回

 

 

PT 原監督「頑張ってんじゃん!昨日のこと、全部カルテに書いてるからな」と。そしたら主治医から原監督に電話があり、しっかり説明した。と。

 


関係が悪くなってでも、

言うことはちゃんと言うからって

言ってくれる原監督を

私は信じていたい。

 

 

後からノリさんに聞いたけど、臨場感たっぷり小説家のような文だったよ笑と言っていた。

画面いっぱいに残るカルテ記入をありがとう。

 

 

リハビリでは何度か左足の関節を動かしてもらった。右は、動かすことを意識する練習。

 

 

15時過ぎ

MRI 検査へベッドのまま輸送。

硬い機械に乗せられて固められて20分

今の私には耐え難い時間だったみたい。

 


身体が拒否反応。

 


ぐっしょり汗をかいて

全身が痺れた。

 


流石にあと10分は耐えられず。

ボタンを押して

「もうダメです」と

 


ついに根を上げた。

 

 

 

17時過ぎフェンス貼り直し

その後OTノリさんが来てくれた。

 

疲れてるけど、やり終えたいい顔してる^_^!

って言ってくれた。


ノリさん

「思ったんだけど、手自体は悪くないと思う。

体幹を使えないことが問題なんだと思う」と。

 


12月にいざる練習をした時の動画を見てもらった。プッシュアップが危険&できなくなってきたころ、這ってベッド⇔車椅子の練習をしていた。その初期の動画。

 

 

 

17時40分体位交換左側臥位になる。

 

 

 

その前は午後からずっと仰向け。リハビリ的には素晴らしい。

 


MRIのおかげで

背中と腰がいたい。呼吸が苦しい。

髪が泣いていたせいでパリパリに固まっていた。

 

 

 

体位を変えて

ゆっくりした。

 


夕食中主治医回診

検査結果異常なし他の科の先生からも異常なしとのことを教えてくれた。

何かある?と聞かれても

突然で何も言葉が出ず。笑

 

 

 

なぜもっと早く検査しなかったのか、

これからをどう考えているのか?

記憶を無くすほどストレスを抱える必要があったのか

 

 

 

言いたいことはあるんだけど、

突然の回診って言いたいことを忘れてたり

帰った後からアレも聞けばよかったとか

思ったりするもの。

 

 

 

 


今日、MRIから帰ってきて近くにナースコールが無かったとき

同室の方たちに「すみません」と叫んだ。

 


「ナースコールが届かなくて、ナースコール押してもらえませんか?」

 


と言った。今出せる最大の声で。振り絞って。

 


意外と声が出た。

 


するとすぐに2人もナースコールのボタンを押して

看護師を呼んでくれた。

 


助けてくれてありがとう。

 

 

 

検査お疲れ様と労ってくれる看護師さんもいた。ありがとう。

 

 

 

今日の夕方はカンファレンス。

医療スタッフたちの話合い。

 


原監督、ノリさん

よろしくお願いします。