RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった走る喜び,当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。歩くために努力します

http://crps-rewalkproject.com/

主治医の先生とデイルームへお茶汲み

漢方薬を開始。

ツムラの「抑肝散」という漢方薬。毎食前に服用するのだけど味が味なので勇気がいる(^^;)

神経痛などにも使われる種類だそうなので、少しでも効くことを願います

 

★相変わらず右の胸鎖乳突筋は

パンパンに腫れてるし動かすと痛いので

固形物を食べるのは大変だった。

 

 

今日は、主治医の先生が祝日なのに来てくれたという話をしたい。

 


昨日の回診で

私の目標を書いた紙を見て、

デイルームにお茶汲みに行けそうじゃない?

と言った。

f:id:rewalkpro1212:20200211191727j:image


そしたら今日のお昼近くに

本当に来た。

 

「はい今からお茶汲みに行くよ〜!」って。

 

実行。有言実行。

 

笑っちゃった。

 

 

まさか時間をかけてくれるなんて。

メスばかり持っている外科医とは違う。

 

女子目線も忘れず、

頸椎のカラー(首に巻くやつ)を巻く時に、

髪型まで気にしてくれて「髪の上からよりも髪の毛は出した方が可愛いよ」なんて。

 

先生自身も移乗に協力して

リクライニング車イスに移してくれた。

 

デイルームにあるサーバーでほうじ茶をくんで、病室に戻り、そのまま昼食をとった。

ちょうど母も来てくれたのでゼリーやら飲み物やら充実。母は私の痛いところが増えると『心』を心配する。そんな簡単に折れないよ〜

 

私がストローでほうじ茶を飲んで「美味しい」と言ったら

「自分で汲んだお茶だもんね」

と言って涙ぐんでいた。

 

今日は

頑張って車イスに乗って良かった。

 

他の病院スタッフに任せればいいところを私の主治医の先生は、自ら動いてくれた。そこが何より嬉しかった。

 

昨日の晩は夜1時30分の時点でまだ病院に残っていたそう。忙しい上にきっと勉強熱心。

 

先生、ありがとう。

 

f:id:rewalkpro1212:20200211191744j:image

 

昼ごはんの後は

トイレにも行き、


その後はぐったり。

 

疲れが目に見えたようで、

来る人皆心配していた。

車イスに1時間半乗っていたもの

疲れて当然。

 

 

午後はずーっと体勢も変えず

休んでいた。

 

母が帰る時もうつらうつらして

記憶があいまい。。。

 

いつもありがとうね、母。

 

 

1日寝たきりだと筋力は、3%落ちる。

1週間寝たきりなら21% 。

つまり取り返すのも

どんどん大変になっていく。

でも毎日起きて、やれることを継続して

少しでも新しいこともやっていけば、

脱力ほどの疲れが来るのも

その疲れが続くのも

減ってくるかもしれない。

 

 

横になっている体勢が一番楽なんだけど。。。

頑張ってると胸を張って言えるように

『気持ちで自分を起こす。』

 

やってみる。

 

 

今週はあと3日のリハビリ。

 

もう休みます。

おやすみなさい🌙

 

皆さんも

疲れたら、「よく頑張ってる」と自分を大切にしてくださいね。

 

行動しなければ疲れませんから。

行動しているだけで素晴らしいと思います!