RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。

http://crps-rewalkproject.com/

人の力を自分のチカラに

2020年2月5日


13時〜14時OT リハビリ


左側の天使の羽部分

短縮がひどかったため、右側を向いて横にならせてくれた。保冷剤があれば右側臥位で寝れるんじゃないか?と思った。

ベッドに私のお尻のあとが。。。へこんでる。

つまり、同じ体勢で寝すぎ。。。

笑われた。

 


鎖骨、その付近の

なんとか骨頭の筋膜をリリース

左の腕に電気治療

 


16時20分〜17時40分 PTリハビリ

①端座位の練習

②膝に電気をかけた

③足背に超音波→電気治療

 

端座位を練習した。保冷剤を床に敷いて足に当てているのに、ピリピリと焼けるような痛みが強くて焦った。いつもは保冷剤があればいけるのだけど。


1ヶ月前に比べたら体幹はしっかりしてきたかも。

 

電気刺激について

苦しいから諦めるのは簡単だけど、

明日につながるかって考えたらどうか。神経が再生するのは1日1ミリくらい。

明日に伸ばすか、今日やるかどうする?と聞かれて

「わかった。やる!お願いします!」

と言って電気治療が始まった。

あと5分、あと5分と言われて

耐えて電気。

大変だった。


昨日のところは反応すると分かっていたから今日は腓骨神経のところにかけてくれた。苦手な腓骨神経。

屈曲の方向には少し曲がるが、背屈の方向にはいかない。腱がペラッペラで見つからない笑

反応はあるけど望まない反応。

何かが邪魔してるらしい。


ランナーズニーの可能性も。

筋肉をとにかくほぐす必要がある。


筋肉の痛みを取らないと先に進めない。

 


体勢がつらくて、もう普通の人なら

リハビリ嫌だ!ってなってるはずなのに

Sさんは頑張れる。投げ出さないで、ちゃんとこなそうとする。


すごいかっこいいと思うって。

 


強さだよって言われた。

 

セラピストたちがこんなに尽力してくれているのだから、私本人が応えなくてどうする。と私は思うだけなのだ。

 

強くもない。

 


今日は背中の筋肉を伸ばしたから

タコのように脱力するというより

こわばりが強かったらしい。

毎日支えてくれる人たちはその日の私の身体が分かって尊敬する。ちょっとの変化にも気づいてくれる。


普段はリハビリが終わってベッドに戻ると

「疲れた」とげっそりしていたけれど、

今日は顔が違うって母が言った。

シャキッとしていたらしい。


1つ乗り越えたらそういう顔をするんだね

f:id:rewalkpro1212:20200206084345j:image