RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった走る喜び,当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。歩くために努力します

http://crps-rewalkproject.com/

言葉には力がある part2 友だちのひとこと

今日の担当看護師は元気さんでした。(病棟一明るくて元気な方なので元気さん)


マッサージの仕方などSが覚えていて教えてくれたら、5分でも10分でもやってあげるよ?と言ってくれました。

人によるし、忙しくてなかなか顔を出せないことも多い現状だけど少なくとも私はやるから。って。。優しい看護師さんです。

元気さんには物事を頼みやすいですと伝えると、そういう看護師を目指してるからって返してくれました。

何処にでもステキな人はいるものですね。

 

入院して3週間。私も看護師も慣れてきたのか意思疎通が少しずつとれてきました。

 

 

なぜ足が不自由な夢しかみないのだろうか。と頻回に思います。登場する自分はいつも車イス。

今日の朝はぼーっとして、中学校の体育館でテニスの試合をしている夢を見ていました。中学時代のペアと一緒にコートに立っていて、私はどんなに体勢を崩してもファーストサーブを入れてましたが、毎回下半身が動かず打点が高くなる。相手が初心者で、ミスが多かったおかげでラリーもせずに試合終了。

相手のミスで勝ちました。そこで目が覚めたので続きは見れず泣

 

そんなペアの友人から今日は連絡があってなんだか奇跡的でした。嬉しかった。最近の中で一番嬉しい言葉をくれました。

それは、『大好き』という言葉。一見なんともなく使うことばのように聞こえるかもしれませんが、自信をなくした私にとっては、なによりも欲しかった言葉だったのです。言われて気づきました。

「そうか、友だちは車イス生活になっても変わらないんだな」って涙が出てきました。自慢の友だち。

 

ありがとう。

 

 

私はこのところ、両親が会いにきたら

お決まりかのように

安心しきって眠っています。

この病院では昼寝をすることができなかったから、母がそばにいてくれるだけで安心して眠れたようです。せっかく来てくれたのに。でもこりずに明日も顔を見に行くって言ってくれました。これまた

 

ありがとう。

 

 

夜、消灯の前にトイレに連れて行ってもらいました。ベッドから車イスに移乗してトイレに行く → ベッド上で安楽肢位を獲得するまで35分かかりました。

今日ベッドから離れたのはその35分のみ。

目標通り、午前中に看護師さんから導尿してもらってスッキリしていたので夜は頑張って動こうと思って、動けてよかったです。ちなみにクリームを足に塗ることも達成。よし、明日のリハビリで報告しよう。

 

体幹グラグラ、首カクカク、足が不自由、脱力。めまい。

1日休むと体はどんどん衰えますね。

 

こんな状態から早く抜け出したいです。

 

1日が終わって眠って英気を養います。

 

明日の朝からはトイレに行くために体を起こしたいと思います。

闘っているのは私だけじゃない。

1人じゃないと思わせてくれたともだちに感謝しておやすみなさい🌙

 

 

[備忘録]

◎左足の指の不随意運動が増えた!

インフルのような倦怠感、

夜のほてり、

体幹や息苦しさを看護師に伝えた。

そこら辺がなんとかなれば

闘う相手は脚だけになる。

 

全身はつながっている。

人は無意識にバランスをとって生きてる。