RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

過去にCRPSを完治させて味わった走る喜び,当たり前の有り難さ。2018年11月〜2度目のCRPS発症 また自分の足で歩みたい。歩くために努力します

http://crps-rewalkproject.com/

現在使用中の薬について CRPS

f:id:rewalkpro1212:20200125185225j:image

f:id:rewalkpro1212:20200126085602j:image

 

経過とともに書いていければいいのですが、現在の薬から。。。

 

参考になれば幸いです。

 

結構これは最高量です。痛み止めや神経回復のためのビタミンB12メチコバール)、便秘薬、胃を保護する薬など💊ゾルピデム10mgでも眠れない時は、睡眠薬ではなく抗うつ薬トラゾドンを2錠服用します。実は睡眠薬よりも安全で長く使えます。実は手頃に使えます。

 

副作用の眠気を利用して、眠るんです。

 

以前はベルソムラやレンドルミンも試しました。合う人はいいかも。

 

薬の副作用でお通じが良くないのと、力むちからがないので硬いと困るので、毎晩「ピコスルファートNa」を飲みます。それでも出なければ「センノシド」を服用したり、座薬をしたり。入院中は試せますね。

 

 

医師は、トータルをみて「これで副作用に負けていないのがすごいくらい」と驚いてくれました。そのくらい普段の痛みが強いのです。

 

これらの薬に落ち着くまで数ヶ月かかりました。

 

貼り薬のフェントステープ(2mg)は、医療用麻薬です。3日間用のデュロテップ MTパッチ(4.2mg)よりも、1日貼り替えのフェントステープの方が私には効きました。オピオイドという強い薬なので、慢性疼痛やガンの痛みがある患者に処方できます。

エヌセイズやアセトアミノフェンという薬の種類で効果がなく、強い痛みが続いたらこれは試す価値があります。

ただし、目的は「痛みを緩和しているうちに患肢を動かしてリハビリを進めるため!」です

これを見失ってはいけない。

痛みが強くある患者のうち、薬物中毒になるのはほんの0.1%だとか。依存性より効果の方が上回ると言われています。二の腕や大腿部、お腹、胸のあたりに貼ります。フェントスは2mgで多い方です。

 

さらに、フェントステープと同時にトラムセット を1日3錠から6錠に増加。サインバルタカプセルを追加。

 

一度にこれらをやると、ようやく痛みが軽減しました。(発症から1年後の試みです)

おかげで約2週間は眠気が凄まじく、寝ている時間が増えていました。昼食や夕食を見逃すくらい眠かったのです。

痛みで眠れなかった分だけ寝た気がします。

 

私は一度麻薬を体の中から抜いてみましたが、灼熱感やピリピリという痛みにズキズキが加わって耐えられない状態だったので、テープを再開したパターンの者です。体内から抜くというのは、テープを貼らないで2日過ごすことで試しました。

 

 

リリカはずっと飲んでいましたが、あまり効果を得られず、2020年1月(発症後1年2ヶ月)から服用中止しています。意外とやめられました。

 

主治医とも話していて、

今後の人生を考えると薬は徐々に減らしていっていずれはやめたい。結婚して出産となれば薬は飲めないから。

これ以上薬を飲み始めるのは簡単だけど、やめるのは難しいですよね。

 

どんなに痛みが今以上になっても、リハビリや徒手的な療法、マッサージ、超音波などの物理療法で緩和する方向で考えていきます。

 

さあ、今日は

明日から再開するリハビリのために無理せずシリンジカテで導尿してもらおう!と思っています。

トイレに行くだけで疲れます。

そのかわりCRPSの右足にヘパリンを塗ります!痛くても自分で触って刺激に慣れていかないと!それが今日の課題。

 

 

『頑張りどころ』を見抜く